パフォーマンス

インターフェース

セキュリティ

ビジュアル

etc HXP

ソースを任意のエディタで開くについて

etc HXP

掲載している情報を利用する際は、自己責任でお願いします。

ソースを任意のエディタで開く

Windows XP / Windows XP 64bit

Windows XP 64bitの場合は、64bit版IEに適応される方法です。
32bit版IEへも適応させたい場合は、この次の項目も参照下さい。

標準設定ではWindows付属のメモ帳で開きます。
これだと文字化けしたりして、見にくいと思ったことはありませんか?
文字コードによってメモ帳では表示できないのが理由です。
そこで、複数の文字コードに対応するエディタで開きます。

ここでは「TeraPad」と呼ばれるエディタを使ってソースを表示させます。
もちろん好きなエディタで開くことも出来ます。

TeraPadを使用される場合は事前にインストールを済ませておいてください。

設定はレジストリの書き換えを行ってします。
必ずバックアップを行っておくことをお勧めします。

  1. 「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。
  2. 「Internet Explorer」というキーまで移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Internet Explorer
  3. 右の枠を右クリックして新規に「View Source Editor」というキーを作成します。
  4. View Source Editorに移動して、更に右の枠を右クリックして新規に「Editor Name」というキーを作成します。
  5. Editor Nameに移動して、右の枠に最初からある「(既定)」を右クリックして編集をクリック。
    値のデータに使用するエディタのパスを記入します。

    例:TeraPadの場合「"C:\Program Files\TeraPad\TeraPad.exe"」

  6. 以上で完了です。
ソースを任意のエディタで開く Windows XP 64bitの場合

Windows XP 64bit

WindowsXP64bit版の場合は上で紹介した方法だと、64bit版IEにのみ適応されます。
32bit版にも適応させておくと便利なので、下記を行って下さい。
上記とあまり変わりませんが「Wow6432Node」を見落とさないで下さい。

  1. 「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。
  2. 「Internet Explorer」というキーまで移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Wow6432Node\Microsoft\Internet Explorer
  3. 右の枠を右クリックして新規に「View Source Editor」というキーを作成します。
  4. View Source Editorに移動して、更に右の枠を右クリックして新規に「Editor Name」というキーを作成します。
  5. Editor Nameに移動して、右の枠に最初からある「(既定)」を右クリックして編集をクリック。
    値のデータに使用するエディタのパスを記入します。

    例:TeraPadの場合「"C:\Program Files\TeraPad\TeraPad.exe"」

  6. 以上で完了です。