パフォーマンス

インターフェース

セキュリティ

ビジュアル

etc HXP

CPUパフォーマンスについて

etc HXP
CPUパフォーマンス

Windows XP

クロックアップとは違い、もともと持っているCPU性能を100%引き出す為の方法です。

現行のCPUでは紹介する方法を行ったとしても意味がありません。
CPU「Pentium4」「PentiumⅢ」の中でL2(2次キャッシュ)が512KBの場合のみ、紹介する方法を行ってみてください。
これは該当するCPUが、Windows XPに初期値(256KB)として認識されている為です。

L2の容量については自作であればCPUの箱に明記されています。
メーカー製であれば説明書に明記されていると思います。
分からなければ、CPU情報を表示してくれるフリーツールを使って確認することができます。

設定はレジストリの書き換えを行ってします。
必ずバックアップを行っておくことをお勧めします。

  1. 「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。
  2. 「Memory Management」というキーまで移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  3. 右の枠に表示される「SecondLevelDataCache」を右クリックして編集をする。
    (「SecondLevelDataCache」がなければ新規にDWORD値で作成する。)
    「10進」にチェックをして、「値のデータ」に半角数字で「512」と入力して「OK」ボタンをクリックする。
  4. Windowsを再起動すれば2次キャッシュが512KBで認識されます。