パフォーマンス

インターフェース

セキュリティ

ビジュアル

etc HXP

光通信最適化について

etc HXP
光通信最適化

Windows XP / Windows XP 64bit

光通信(FTTH)の最適化を行い、速度向上を図る方法をご紹介します。
光回線は他の回線(ADSL等)に比べて、向上率の恩恵を多く受けられます。
あなたが光回線に加入されている場合は、紹介されている方法が有効です。
向上率は1.5倍から3倍なので、是非お試し下さい。
ただし、マンションの共有タイプなどでは、変わらない場合があります。

  1. MTUを決める。
    MTUはプロバイダーごとに推奨値があります。
    eo光ファイバー:1454
    分からない場合はソフトを使って調べます。

    EditMTU
    http://hp.vector.co.jp/authors/VA022090/editmtu/

    ルーターを利用している場合は、ルーターのMTU値も書き換える必要があります。
    設定の仕方はルーターの取扱説明書をご覧ください。

  2. RWINを決める。
    RWINを計算する場合の計算式は以下の通りです。

    最適RWIN値 = (MTU値 - 40) × 10~200

    「10~200」はパソコン環境に応じて変化するからです。
    最初は200でかまいません。
    気になる方は速度測定サイトを利用して、いくつか試されるといいでしょう。

  3. MTU、RWINを設定する。
    次のソフトを使って、windowsに設定します。
    使い方は、ホームページで解説してくれていますので参照ください。

    NetTune
    http://members.at.infoseek.co.jp/mimi1014/

    1. NetTuneを起動すると「MTU」タブが開かれます。
      ダウンメニューから設定をおこなうネットワークカードを選択します。
      カスタムにチェックを入れて、MTU値を入力します。
      その下にRWIN値を入力します。
      設定を押します。
    2. 「Default TTL」タブをクリックし、「128」にチェックを入れます。
      設定を押します。
    3. 「PMTU Discovery」タブをクリックし、「Enable」にチェックを入れます。
      設定を押します。
    4. 「Black Hole Detection」タブをクリックし、「Disable」にチェックを入れます。
      設定を押します。
    5. 「Web Accelerator」タブをクリックし、Max connections二つに「8」と記入します。
      設定を押します。
    6. 「TCP Window Size」タブをクリックし、TCP Window Size(RWIN)にRWIN値を記入します。
      スケール率は空白で構いません。
      Windows Scalingにチェックを入れます。
      TCP Timestampにチェックを入れます。
      Duplicate ACKsにチェックを入れて、「3」にチェックします。
      Selective ACKにチェックを入れます。
      設定を押します。
    7. 「AFD」タブをクリックし、DefaultReceiveWindowにRWIN値を記入します。
      DefaultSendWindowにもRWIN値を記入します。
      LargeBufferSize、MediumBufferSize、SmallBufferSizeは空白で構いません。
      TransmitWorkerは「32」にチェックを入れます。
      設定を押します。
  4. 最後にWindowsを再起動すれば反映されます。

設定の確認は以下のサイトで可能です。

速度測定は以下のサイトで可能です。