パフォーマンス

インターフェース

セキュリティ

ビジュアル

etc HXP

ハードディスクパフォーマンスについて

etc HXP
ハードディスクパフォーマンス

Windows XP / Windows XP 64bit

ハードディスクとメモリ間の速度はパフォーマンスに大きく影響します。
データを読み書きする際は分割して行っている為です。
この分割する際の容量を設定してあげればハードディスクとメモリ間の転送効率を向上させる事が可能です。

デフォルトでは分割する際の容量が512KBになっています。
そこで搭載しているメモリ量に合わせて以下のように設定します。
メモリを256MB搭載したパソコンの場合は2MB。
メモリを512MB搭載したパソコンの場合は4MB。
メモリを1GB搭載したパソコンの場合は8MB。
尚、1GB以上のメモリを搭載したパソコンでも8MBでかまいません。
8MB以上に設定するとかえってパフォーマンスを低下させることになるからです。

設定はレジストリの書き換えを行ってします。
必ずバックアップを行っておくことをお勧めします。

  1. 「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。
  2. 「Memory Management」というキーまで移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management
  3. 右の枠の「IoPageLockLimit」というキーを右クリックして編集します。
    (「IoPageLockLimit」が無ければDWORD値で新規作成してください。)
    この時に「10進」を選択して、指定する容量を以下を参考に入力する。
    256MB=2000000
    512MB=4000000
    1GB=8000000
  4. 最後にWindowsを再起動すれば反映される。
    尚、元に戻す場合は「IoPageLockLimit」キーを削除する。