パフォーマンス

インターフェース

セキュリティ

ビジュアル

etc HXP

メモリパフォーマンスについて

etc HXP
メモリパフォーマンス

Windows XP / Windows XP 64bit

Windows XPの場合、プログラムを実行する際にDLL(Dynamic Link Library)を読み込みます。
DLLは他のプログラムでも共有される為、一度読み込まれるとメモリにしばらく駐在します。
直ぐに使用される場合は構わないですが、そうでない場合は次から次に呼び出されたDLLがメモリを圧迫します。 その結果、メモリの残量が少なくなってパフォーマンスを低下させます。

今回はプログラムによって呼び出されたDLLを、プログラムの終了時に解放させる方法を紹介します。

設定はレジストリの書き換えを行ってします。
必ずバックアップを行っておくことをお勧めします。

  1. 「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力してレジストリエディタを起動する。
  2. 「Explorer」というキーまで移動します。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer
  3. 「Explorer」にDWORD値で「AlwaysUnloadDLL」をいうキーを新規作成します。
    「AlwaysUnloadDLL」を右クリックして編集を選択し、データの値に半角数字で「1」を入力して「OK」を選択。
  4. Windowsを再起動すれば完了です。
    尚、元に戻す場合は「AlwaysUnloadDLL」キーを削除する。