パフォーマンス

インターフェース

セキュリティ

ビジュアル

etc HXP

システムパフォーマンスについて

etc HXP
システムパフォーマンス

Windows XP / Windows XP 64bit

メモリが使用するシステムキャッシュの割合を調整することで、パフォーマンスを引き上げる。
頻繁に読み込むシステムキャッシュをメモリ上に読み出しておくことで、ハードディスクへのアクセス頻度が減りパフォーマンスが向上します。

Windows XPの場合、自動で調整しているのですがシステムを優先するかプログラムを優先するか選択できます。
メモリが安価になり、大容量のメモリを搭載しているパソコンも多いので、そういった方にはお勧めです。
ただし、多くのプログラムを実行する人には、メモリ容量が不足するとかえってパフォーマンスが落ちるので注意が必要です。

メモリがあまっている環境であれば紹介する方法が有効なので、メモリの使用状況を確認して下さい。
確認方法はいたって簡単です。
タクスバーを右クリックして、タクスマネージャーを起動します。
パフォーマンスタブをクリックし、物理メモリ欄の利用可能が余っているメモリ量になります。

  1. マイコンピューターを右クリックして、プロパティを選択しシステムプロパティを表示する。
  2. 詳細設定タブをクリックしてパフォーマンスの設定をクリックする。
  3. さらに詳細設定のタブをクリックしてメモリ使用量の欄でシステムキャッシュを選択して、「OK」をクリック。
  4. Windowsを再起動すれば完了。